2016年03月02日

再開

せっかくなので再開しようかと思っている。
posted by まめ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

【DIY】キャットウォーク自作【4】

【設置その後】一週間経ちますが、一番上にまでは登ってくれません…
ただ毎日のように顔をスリスリしているので、
においをつけているのでしょう、これから登ってくれると思います!
登ってくれないと泣きます!


市販品ほど完璧にはできませんでしたが、
充分満足のいく出来上がりだと自画自賛です。
2×4材を部屋に運ぶことだけしか手伝わなかったおっとも、
まさかこんなものができるとは…!と驚いてますw


自作の利点は、その人の住まいや好みで好きなようにアレンジできることですね。
壁一面をキャットウォークにすることだってできます。
カラーもインテリアに合わせて自由に塗れます。
「キャットウォーク 自作」などで検索すれば、様々な自作キャットウォークが見れるはずです。
この記事も参考のひとつになれば幸いです。
posted by まめ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 作ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【DIY】キャットウォーク自作【3】

【金具の設置】2×4材にロイヤル棚柱を設置します。

IMG_1715.JPG

棚柱は180cmを使用してる方が多かったですが、うちは150cmです。
キャットウォークの足元に空気清浄機と、猫の寝床を置く予定で、
床からだいたい65cmほどの高さから上に足場を作ればよかったので。

足場にもブラケットを設置します。

IMG_1703.JPG

電動ドライバーがあると楽です。
ドリルで軽く穴をあけてから、ネジ止め。

ちなみにネジ(タッピング)は
棚柱150cm1本につき8本(合計32本)
足場1枚につき4本(合計32本)
必要です。

【設置】
まずは柱を設置します。

ディアウォールの出番です。
左が天井側、右が床側用です。

IMG_1716.JPG

ディアウォールを柱の上下にかぶせて、天井→床と設置します。

IMG_1717.JPG

結構しっかりしていて、簡単に動きません。
…ので、柱と柱の間隔の微調整が大変でしたw
柱を設置すると同時に足場を仮設置してみて、間隔を確認しながら設置しました。

というか、ひとりで設置するもんじゃないですw

全て設置後がこれ

IMG_1719.JPG

一番上、下から2段目のように、足場を並べたい場合は、
内側の柱に取り付ける棚柱はダブルにしないといけません。
足場を並べる必要が無いなら、全てシングルの棚柱で構いません。

下から見てみるとこう

IMG_1720.JPG

猫を置いてみました

IMG_1723.JPG

足場のサイズに悩んだ末、20cm×30cmにしましたが、
問題なく乗れているようです。
ちなみにこの猫は、約6kgのちょっと大きめサイズです…
posted by まめ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 作ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【DIY】キャットウォーク自作【2】

【木材の面取り・やすりがけ】
足場となる板(20cm×30cmにカットしてあります)は、一応安全のため面取りします。

IMG_1691.JPG

面取り用のカンナを使うと簡単です。

IMG_1688.JPG

面取りするとこんな感じに

IMG_1692.JPG

このあと、全体をサンドペーパーでやすりがけしました。
柱となる2×4材にも軽くやすりがけしました。
塗装するためと、念のためとげが刺さらないようにです。

しかしこのやすりがけが一番疲れましたw

【塗装】
部屋の雰囲気にあわせるため、白色に塗装します。
室内に設置、しかも猫が使うので、なるべくにおいの少ないものを選んだ方がいいと思います。
水性塗料なら(人間は)ほとんどにおいが気になりません。

IMG_1698.JPG

IMG_1714.JPG

一度塗りだと、木目がうっすらわかる程度になります。
木目をわからなくしたかったのと、
2×4材があまり良いものがなく、焼き印みたいな印字や節目が結構あったので、
それを隠すためにも二度塗りしました。

二度塗りしたらこんな感じです

IMG_1701.JPG

乾燥させながらですので、さすがに2日間かかりました。

気になるにおいですが、塗装後1週間ほどでなくなりました。
posted by まめ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 作ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

【DIY】キャットウォーク自作【1】

市販のキャットタワー・キャットウォークになかなか納得のいくものに巡り会わず…じゃあ自作してみようかと検索。
結構自作してる方いらっしゃるんですね。
自作された方のブログを何か所か巡って、それらを参考に私も自作することにしました。

IMG_1722.JPG

【材料】
・ディアウォール 4セット(@998)

・基本となる柱 4本
SPF2×4材8F 4本(@548)
・足場となる板 8枚
パイン集成材 18mm×200mm×910mm 2枚(@790)
18mm×200mm×600mm 1枚(@530)

・ロイヤル棚柱 4本
シングル150cm 2本(@660)
ダブル150cm 2本(@1000)
・棚柱用タッピング
(棚柱を2×4材に固定するネジ)50個入(@260)
・ブラケット左右セット 
20cm 8セット(@660)
・ブラケット用タッピング
(ブラケットを板に固定するネジ)50個入(@216)

・塗料 水性フレッシュワイド0.7L(@1450)
・水性用刷毛(@478)
・面取り用カンナ(@1050)
・サンドペーパー(@1580)

その他
・軍手
・ビニールシート
・電動ドライバー(ドリル)

ちなみにロイヤル棚柱関係はネットで購入しました。
近所のホームセンターにはシルバーカラーしかなかったので。

その他以外の全て合計で 22048円 かかりました。
良い木材や良い塗料などにこだわればもっと高くなりますし、
逆に塗料を使わなかったり木材にこだわりが無ければもっと安くなりますね。

【木材のサイズ・カット】
ディアウォールを使用するためには、天井から床までの高さから45mmカットした2×4材が必要です。
ただいくつかのブログ等を見てみると、45mmだと少し短く、40mmのカットがいいという声がちらほら。
なので、うちは天井高2450mm−40mmの2410mmでカットしました。
問題なくキッチリ設置することができました。

足場となる板のサイズにはかなり悩みました。
設置する場所がそんなに広くないので、なるべくコンパクトにしたかったのです。
かといって小さすぎたら猫が足を踏み外すんではないか…?と。
猫がしゃがんでる時にメジャーで大きさを測ってみたりしましたw
自作してる方は250mm×30mmが多いようですが、ちょっと小さめに200mm×300mmにカットしました。
板の種類も様々なものがありましたが、軽さと安さでパイン集成材にしました。

木材のカットは、ホームセンターでやってもらえます。(1カット30円でした)
posted by まめ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 作ったもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。